スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雪注意報

よくお腹が痛くなるのですが、トイレが近くに無い事が多いのです。車だったら、コンビニやガソリンスタンドに寄れば済む事なのですが、電車の中とかだと、もう最悪です。あと何駅まで我慢できそうか、途中下車しても仕事に間に合うだろうかなど、考慮しながら、なんとか最悪の事態を回避しています。そもそも、便意による腹痛ではないのではないか、と断片的におならをする時もあるのですが、これも判断を見誤ると大変な事になってしまいます。たまに、何もかも失ってもいい、と自暴自棄になる事もあるのですが、そんな時に限って、腹痛が治まるんですね。でも、これに甘んじて油断すると、本当に何もかも失ってしまいそうです。そこで対策を考えました。腹痛が始まれば、自分の大腸から便が消えていく妄想をする事にしました。自分の脳を騙すのですね。でも、なかなか自分の気持ちに嘘はつけません・・・。

ある作家さんは『小説を読むのは一度しかない人生への抵抗である』と言っていましたが、僕もこうやって、失便しないよう、自分の排泄機能に日々抵抗しているのです。



今日は、当地域、大雪でした。

何年も、こんな雪見たことないと、利用者さんも驚いていました。朝から「今日はデイサービス、開いてるの?」という電話が、かなり掛かってきていました。その位、当地域は雪が降らないんです。

雪に慣れてないから、送迎時は慎重に慎重を重ねて行っていました。送迎バスから、玄関までの間に、滑って転ぶんじゃないか、と極力ゆっくりと移動し、運転も、前の車とかなりの車間距離を取っていました。こりゃあ、雪国のデイサービスに実習に行かないといけないな・・・。

利用者さん方も、久しぶりの大雪を見たせいか、とても嬉しそうでした。昔はこの辺でも、もっと積っていた事があったよ、と懐かしそうに話したり、昔、自分の子どもに雪をぶつけられてとても痛かったと、何故か嬉しそうに話される方もいらっしゃいました。楽しかった昔の思い出が、甦ってきたんでしょうね。子どもさんのお話をされた利用者さん、きっと、冬の時期の一番楽しかった思い出が、子どもに雪をぶつけられたことだったんでしょう。「コラッ」って怒ったんでしょうか。「コラ~」って微笑んだんでしょうか。どちらにしても、聞いてるこっちまで、はにかんでしまいます。

地球温暖化の影響なのか、昔と気候が多少変わってしまっていても、たまにある神様の悪戯みたいな現象が、利用者さんの楽しかった思い出を甦らせることもあるんだな、と帰りの車の中で渋滞に巻き込まれ、便意を我慢しながら、ふと思いました


FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト
プロフィール

眼鏡兼相談員

Author:眼鏡兼相談員
通所介護の相談員と介護支援専門員を兼務しています。
若い頃は、バイクにのめり込んでいました。
今は息子にのめり込んでいます。

介護の仕事での、皆さまの失敗談を集めています。宜しければ、匿名で構いませんので、下の掲示板に書き込みくだされば嬉しいです。
職種も一緒に書いてくだされば、なお嬉しいです。

FC2掲示板
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。