スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争学1

昨日、通勤途中で見たサラリーマン、スーツのボタンを掛け違えてました。よっぽど慌ててたんだろうな、と思いながらも、どこで気付くんだろうと思って、僕は少しほくそ笑んでいました。仕事中、トイレに行ってふと気付くと、下着を裏返しに穿いていました。なんかもう、どうでも良くなって、裏返しのまま一日過ごしました。


戦争に反対です。戦争はまったく無関係の多くの人を巻き込み、悲惨な結果を必ず生みます。でも、本当に戦争に反対するのであれば、戦争のことを、もっと知ることが必要と思いまして、買ったのがこの本です。

『名将たちの戦争学』~松村 劭

内容は、歴戦の名将たちが実戦を踏まえて残した格言を軸に、戦略・戦術の神髄と効用を説き明かす、というものです。

多くの格言や戦略論が書かれており、今の僕の仕事にも、通じるものもあるように感じ、本がポストイットだらけになりました。もしかしたら、戦争学を学び,戦略理論を学ぶことは、介護の仕事においても、意味がある事なのかもしれないと思います。

まずはこれ、孫子の理論に共鳴したリデル・ハートの『間接接近戦略論』です。

1.目的に対応する目標を選ぶにあたっては、可能性を優先して考え、手段に適合させよ。
2.常に目標だけでなく、その上位の目的を念頭から離すな。目的達成に利用できる目標は数個ある。
3.敵が最小に予期している路線を選べ。
4.敵の抵抗がもっとも少ないところを狙え。
5.常に代替目標に切り替えられるような作戦線をとれ。
6.計画は、状況の変化に対応できるように、常に柔軟性を持て。
7.敵の構えを崩してから打撃せよ。
8.失敗した時と同じ作戦を取るな。単なる兵力の増強は,新しい作戦ではない。


1と2に関しては、我々がケアプランを作成するにあたっての目的は、利用者さんが要介護状態になっても、変わらない生活が送れるようになる、安心した在宅生活が継続できるようになることだと思います。でも、その時にサービス事業所の役割にのみ、とらわれていませんでしょうか。目の前の利用者さんの状態だけを考え、それを何とかしようとだけを考えてませんでしょうか。ニーズの裏側にある利用者さんの思いや気持ちをきちんと汲み取っていないと、いつの間にか目標をどうするのかに躍起になってしまい、本来の目的がお座成りとなってしまいます。

5と6についても、原則的には同じことだと思います。日々、変化する利用者さんのニーズ、休み明けて出勤し、メモを見てビックリ、というのもよくあることだと思います。だから、その場に応じて複数の「目的」から、その場にあった最善の「目的」を取捨選択していかなければならないのでは、ないでしょうか。

最後の8に関しても、本当にそうだと思います。例えば、ヒヤリ・ハットであがってくる対応で、同じ対応で2度、ヒヤリ・ハットがあがる場合は、3度目には、まったく違う対応を考えないといけないと思っています。この利用者さんは転倒しやすいから見守りを増やす、ではハートの言う「単なる兵力の増強」なんです。何故、転倒しやすいのか、履いている靴は適合しているのか等を考えていかないといけないんだと思っています。

まだまだ、沢山の格言がありますので、少しずつ紹介していきます。

FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

眼鏡兼相談員

Author:眼鏡兼相談員
通所介護の相談員と介護支援専門員を兼務しています。
若い頃は、バイクにのめり込んでいました。
今は息子にのめり込んでいます。

介護の仕事での、皆さまの失敗談を集めています。宜しければ、匿名で構いませんので、下の掲示板に書き込みくだされば嬉しいです。
職種も一緒に書いてくだされば、なお嬉しいです。

FC2掲示板
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。