スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質問です

第73回社会保障審議会介護給付費分科会議事録が出ました。

さて、龍谷大学の池田 省三さんに聞きたい質問があります。

見守りは非常に重要ですけれども、寄り添う介護なんてばかな議論が出ているわけです。寄り添う介護から認知症ケアというものを開放しない限り、本当に役に立つ認知症介護はできないんです。

○では、役に立つ認知症介護とはどのようなものなのか。
○それは、寄り添う介護との大きな違いはあるのか。
○そもそも、池田さんの知っている寄り添う介護とはどのようなものなのか。

ジャーナリズムを通じて被災者の人たちの顔を見ていると、それは悲しみに暮れていますけれども、すごくいい表情をしているんです。自分たちで助け合う自助と互助が感動的なまでによみがえっています。

○ジャーナリズムを通じてではなく、実際に被災地では自助と互助がよみがえっているのか。
○分科会という場で、そのようなエビデンスレベルの低い話を出すべきなのか。近所の居酒屋でも良いのではないか。

私は、要支援1、2というのは介護保険から外すべきだと思います。どこで切ったって同じことが起きるんですよ。要介護1で切れば要支援はどうしてくれるということになるんですよ。要支援を切れば、今度、特定高齢者はどうなる。ずっと続いてしまうんです。どこかで切らなければいけないんです。

○あなたは、お金を払っていても使えない制度に、更になってしまうことを、国民の皆様に納得してもらうことに体を張れるのか。
○その為に、どのような活動を行うのか。


ろくにお年寄りや子どもの世話をしたことがない人たちが、お年寄りや子どもの世話に関わる制度をつくるのに一役買ってるんですよ。こういったことを一体どれだけの国民が御存じなのでしょうか。そもそも、この議事録の存在をどれだけの国民が知っているのでしょうか。

この質問、誰か偉い人、聞いてくんねぇかな。

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

偉くないので質問にはお答えできませんがv-116
先日、スタッフとの会議で「寄り添う介護」について検討しました。
「認知症の方は分からないことが多いから安心できるよね~」と一致した意見。

一方「寄り添う介護はバカな介護」についてどう思うか?聞いたところ

「誰がそんなこと言ってるんですかー!!!」

とキレられましたが…ボクではなくて、この人です
v-155
池田省三委員♡ラブ注入 (←正しい伏字の場所ですv-419

No title

>「誰がそんなこと言ってるんですかー!!!」
なるほど・・・一般市民どころか、介護従事者でも、介護給付費分科会で誰がどんなことを話しているのかが周知されていないんですね。
なんで、テレビでこの分科会を放送しないんでしょう。国民の未来を左右する貴重な取り決めの一端を担っているのに、国民には秘密裏で行うなんて、納得いきません。
候補者が好き勝手に喋ってる政見放送よりも、ずっと意味のあるものだと思うんですけどね。傍聴に行けない人達にとっては特に。それに、某池田省三委員♡ラブ注入さんもテレビに出てるんだと思ったら、少しは考えて喋ってくれるんではないでしょうか。

今度、社会保障審議会介護給付費分科会傍聴ツアーでも開きましょうか?w

No title

第74回では、完全に喧嘩うっちゃってますからねー。でも気を遣って何も言わない我々の代表にも困ったものですな。

ちょっと74回のトピックス!

「利用者の負担の問題については様々な減免措置っていうのが行われている、処分が行われてるわけですよ。それ、どこまで使わせるんですか。あるいはケアマネジャーはどこに斡旋しているんですか。それはね使えるようにしてるんですよ。日本の行政っていうのはある意味でもの凄くあまいんです。このところに関しては。まだそれに甘えるんですか。自己責任ってのはあるでしょ。」

ずっと聞いていると池田さんはブレてないのはわかりますw

ちょっとはブレてくれ・・・。

No title

>「利用者の負担の問題については~
この話を本人が、全国行脚して国民の前で話し納得させていく、というのなら某池田省三委員♡ラブ注入さんに対する考え方も多少は変わってくるんでしょうが・・・するわけないですね。

教授と名の付く人は大体がブレない人だと思います。
わからない、知らない、教えてください と言えなくて、だから教えてもらえなくて、だから学習の機会を逸して、だから成長できなくて、なのに自分は何でも知っているという妄想に駆られているおかげで、成長していないことに自覚がないんです。ブレようがありませんw

伝えて欲しい

まっったくもって、納得の出来ない、怒りを覚える発言のオンパレードです。
しかし、議事録が残る会議であるにも関わらず、介護関係団体委員は何故反論もしないのでしょうか?
(じつはわしが委員として参画している某全国組織の長もメンバーなのですが…今度上京した時聞いてみようかしら)
「現場の声」を届ける介護関係団体から出た審議会委員が、このような暴言を吐くヤロウに何もモノを言わないのか、悲しくなってしまいます。

そろそろ、我々は介護関係団体委員の方々に依存するのを止める時期なのかもしれません。彼らを頼りにしているからこそ、暴言を吐く委員に怒りを覚え、反論しない委員に落胆するのだと思います。

我々が、そんな彼らへの依存を止め、自ら発言し(発言の場を作り)その声を拡げていけば、怒りも落胆もなく心の平穏のまま、仕事ができるように思うんです。
プロフィール

眼鏡兼相談員

Author:眼鏡兼相談員
通所介護の相談員と介護支援専門員を兼務しています。
若い頃は、バイクにのめり込んでいました。
今は息子にのめり込んでいます。

介護の仕事での、皆さまの失敗談を集めています。宜しければ、匿名で構いませんので、下の掲示板に書き込みくだされば嬉しいです。
職種も一緒に書いてくだされば、なお嬉しいです。

FC2掲示板
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。