スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたは先生

通所介護の送迎中に、利用者さんに言われました。

「あなたはまだ若いし、身体も元気で良いですね。私はもう、足も動かないし、痛いところだらけで、早くお迎えがきたらよいのにと思ってます」と。

福祉の仕事をされている方なら、一度や二度じゃない位に聞いた言葉だと思います。

皆さんは、なんて返していますか?

色んな言葉の返し方があるでしょう。

その方の気持ちを汲み取り、気持ちに寄り添い、心に黄金の風を吹かすような言葉がきっとあるのでしょうね。

で、僕はなんて返したのか

「いずれ、僕も○○さんのように、足が動かなくもなれば、体中も痛くなります。その経験を先にしている○○さんは、言うなれば僕の先生なんです。足が動かなくなってもこうやって生活している。体が痛い時には、こんな工夫をして生活している、そうやってこの年まで生きてきているという事を、もっと僕だけじゃなく皆に教えてあげてください。」

加齢は『負け』じゃない

病気は『役立たず』じゃない

みんな価値のあるものだと思う

FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【眼鏡のきまぐれデイリーダイアリー】

通所介護の送迎中に、利用者さんに言われました。「あなたはまだ若いし、身体も元気で良いですね。私はもう、足も動かないし、痛いところだらけで、早くお迎えがきたらよいのにと思ってます」と。福祉の仕事をされている方なら、一度や二度じゃない位に聞いた言葉だと思い...

まとめteみた.【あなたは先生】

通所介護の送迎中に、利用者さんに言われました。「あなたはまだ若いし、身体も元気で良いですね。私はもう、足も動かないし、痛いところだらけで、早くお迎えがきたらよいのにと思ってます」と。福祉の仕事をされている方なら、一度や二度じゃない位に聞いた言葉だと思い...

コメントの投稿

非公開コメント

ご高齢の方は大先輩方です!

眼鏡兼相談員さん!こんばんは!
まさしくおっしゃる通りであると同感です。人は生まれた順に年を取っていくのが常であり、だれ一人としてその例外ではありません。だからこそ、敬う気持ちを大切にそしてそこでかわす言葉に意味がある事を求め続けていけるのも人間社会でもあると思います。
当たり前の事が当たり前に流れていける(いつもmasaさんが説いていらっしゃいます)時間こそが、私たちの生きる糧であると思います。
若い方々からみると、30歳を過ぎるとすでにおばちゃんで、50を過ぎたら人生終わりなどという事などありはしないはずです。ですが先日の事、我務所内の若いケアマネのいうことにゃ・・・、歳を重ねた人達の事をアレコレと侮辱するような言葉づかいがあったのです。その時、私、怒り、「そういう事を言うのはとっても恥ずかしい事だと思います!一緒の笑っていないでください!」と・・・。あああ~って感じでした。それでもそのことについて誰も何も言わずにすぎいて言うずに過ぎていく時間・・・。なんなんでしょ?
分かりません。なんのこっちゃ~(爆)w

Re: ご高齢の方は大先輩方です!

きたさん、コメントありがとうございます。

僕は、誤解を恐れずに言えば、利用者さんは『仲間』だと思っているんです。

共に歩み、喜び合い、助け合いながら成長していく『仲間』だと思ってるんです。

仲間に対して、高慢なもの言いをしたり横柄な態度を取ったり侮辱したり出来ないと思うんです。
プロフィール

眼鏡兼相談員

Author:眼鏡兼相談員
通所介護の相談員と介護支援専門員を兼務しています。
若い頃は、バイクにのめり込んでいました。
今は息子にのめり込んでいます。

介護の仕事での、皆さまの失敗談を集めています。宜しければ、匿名で構いませんので、下の掲示板に書き込みくだされば嬉しいです。
職種も一緒に書いてくだされば、なお嬉しいです。

FC2掲示板
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。