スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関わりが常に善か

認知症に利用者さんとの関わりで、

『認知症を自覚していない人を、病院まで連れていく』

ことは、とても難しい問題の一つだと思う。

本人のプライド、家族の思い、本人と家族の関係・・・それらを考慮しながら、最善の方法を模索し、進めなければいけない。

今日もまさにそんな状況だった。

以前、担当していた利用者さんの娘さんが、お母さんの認知症を疑い、どうすればよいか相談してきたのだ。

娘さんが通院の話を勧めると、興奮し声を荒げるので、母もよく知っている自分からも、お話しをしてもらえないかというものだった。

お母さんの状態を聞くと、認知症の諸症状が表れている。通院し、精密検査をした方がよい可能性が充分にあった。

さっそく、朝からアポイントメントを取ろうとするが、まったく電話に出ない。

仕方ないので、直接自宅に伺うが、人の気配がしない。

勝手知ったる元担当者さんの家なので、隣近所の人にも聞くと、朝から買い物に出かけたのは見たけど、帰ってきたのは見ていないとの事。

娘さんに連絡し、昼からもう一度伺う事を伝える。

昼から、電話するがやはり出ない。

直接家に行ってみても、やはり人の気配がしない。

すると、遠くで僕を呼ぶ声が。

見ると、娘さんと本人さんが一緒に歩いている。娘さんが小声で「話をしたら、一緒に病院に行ってくれたんです」と話す。

ここで思った。

もしも自分が、朝に本人さんに会っていたとして、はたして病院に行く事を了承してもらえただろうか。

自分が関わらない方が、うまくいく事があるのだと、改めて思えた日でした。


FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

眼鏡兼相談員

Author:眼鏡兼相談員
通所介護の相談員と介護支援専門員を兼務しています。
若い頃は、バイクにのめり込んでいました。
今は息子にのめり込んでいます。

介護の仕事での、皆さまの失敗談を集めています。宜しければ、匿名で構いませんので、下の掲示板に書き込みくだされば嬉しいです。
職種も一緒に書いてくだされば、なお嬉しいです。

FC2掲示板
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。