スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道の駅の思い出

今日は当地域、珍しく良い天気だったので、正月に親戚のオジサンに教えてもらった道の駅「しらとりの郷」まで、妻と息子と行ってきました。

途中、妻と「郷」が「ごう」なのか「さと」なのかで一悶着ありましたが、無事到着。かなりの人でごった返していました。

最近、道の駅が流行っているみたいですね。ガイドブックにもなっているみたいですし。新鮮な野菜を安価で手に入れれるのが魅力なのかもしれません。僕は、こういったところで売っているウインナーに目がありません。超熟成なんて書いてあったら、こっそり二袋買います。

道の駅で思い出すのが、学生最後の夏に行った北海道の一人ツーリングです。しかも原付で。何故一人なのかと言うと、友達がいなかったからです。違います。誘った友達全員に断られたからです。そりゃあそうですよね。原付ですもん。

敦賀からフェリーに乗って小樽に夜中2時頃に到着。そこから、延々北を目指しました。最北端の地に行きたかったんですね。

確か、7月の半ばに行ったのですが、北海道の夜中はとんでもなく寒かったです。持ってきた着替えを全部着込んでも、体がガタガタ震えてくる。途中で、何回か泣きそうになりました。途中のコンビニ(ポプラだったかな?)でレインコートを2枚購入して着ても、まだ寒い。

その時にお世話になったのが、道の駅のトイレです。北海道の公衆トイレって凄いんですね。暖房完備でした。途中で道の駅の存在を確認すると、即トイレで暖を取り、再出発、を繰り返していました。真っ直ぐの道路で、5分程前に抜かれた車のテールランプが見えた時には感動しましたよ。疲労困憊の状態で、なんとか宗谷岬に辿り着いた時には、さらに感動でしたね。顔真っ黒の奴が、目を潤ませている姿は、周りから見ればかなり異常だったと思います。

帰りも当然、道の駅のお世話になりつつ、途中、岩見沢のスパ施設で体を休めながら、小樽を目指しました。そういえば、スパ施設の駐輪場で、何気に隣の原付を見ると、なんと自分の住んでる隣の市のナンバープレートが!その原付のオーナーとはお会いすることは無かったのですが、多分、友達になれた気がします。

若いからこそ出来た無茶だったのかもしれません。何の計画も立てず、敦賀のフェリー乗り場で貰ったマップだけで行くなんて、今ではとても出来ないと思います。でも、あの頃の情熱が消え去っているわけではありません。今の仕事、あの頃以上の情熱を持って取り組んでいます。無茶は・・・あまりしない。

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

眼鏡兼相談員

Author:眼鏡兼相談員
通所介護の相談員と介護支援専門員を兼務しています。
若い頃は、バイクにのめり込んでいました。
今は息子にのめり込んでいます。

介護の仕事での、皆さまの失敗談を集めています。宜しければ、匿名で構いませんので、下の掲示板に書き込みくだされば嬉しいです。
職種も一緒に書いてくだされば、なお嬉しいです。

FC2掲示板
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。