スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色んなニーズ

漫画の『ジョジョの奇妙な冒険』が好きで、家でもたまに息子の前で『ジョジョ立ち』をするのですが、最近、体の軋みを感じています。息子の方は僕の教育の賜物か、これが出来るようになりました。

jojo




特養時代の話です。その方は短期入所生活介護の利用者さんでした。軽度の認知症状があり、歩行は車椅子を使用、排泄は全介助のオムツ交換で、と申し送りを受けました。利用初日に気付いたのが、この方、支えれば歩行できる、尿意の訴えも出来るという事。訴えが出来、歩行できるのなら、排泄もトイレ誘導出来るのではないかと思い、さっそく実行しました。

結果は、何も問題なく、本人の希望でトイレ誘導する事ができ、歩行器で付き添って歩くこともできました。その状況を、上司に伝えると「トイレ誘導も歩行器で歩くこともしないで欲しい」と命令が。

???なんで・・・?
上司曰く、『家族さんからの希望』でした。家であちこち動き回られて転倒しても困る、独りでトイレに行って汚されるのが大変だ、やっとオムツに慣れてたのだから、そのままにして欲しい、といったものでした。家族さんにも色んな事情があったんでしょう。当時、ペーペーだった僕は(今もペーペーですが)、何も言い返せず上司の命令通りに、その方の介護を、移動は車椅子、排泄はオムツ交換を行いました。これは介護じゃないと思うモヤモヤとした気持ちのまま・・・。

この場合、利用者さんのニーズ、家族さんのニーズ、どちらを優先すべきだったのでしょうか。自分の足で歩いて、自分の行きたい所にいく、自分が排泄したい時にトイレで排泄するニーズよりも、家族さんの事情による、自宅での介護負担の増大を防止させるニーズを優先させなければならなかったのでしょうか。何故、うちの施設は家族さんのニーズを選んだのでしょうか。

今ならきっと言い返せます。我々の仕事は、たとえ短期入所生活介護の利用中だけであろうと、出来る限り、その人らしい生活がおくれるよう支援していくことです、と。

たまに、あの頃に戻れたら・・・とぼんやり思う時があります。あの時こうしていたら、もっと良くなってたかもしれない。もっと、利用者さんの笑顔が見れたかもしれない、思い出したらきりがありません。だからこそ、今、関わってもらっている利用者さん達に、自分たちも後悔しない支援をしていかなくては、と思います。



FC2 Blog Ranking







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そういうケースありますよね
専門家としては利用者の代弁者になれるよう理論武装していきたいところです。
後悔しない支援、難しいですよね。
日々精進しなくては。

後悔先に立たずです。

過去の失敗は、今の自分の財産です。

財産を持ち腐れさせないよう、今を精進しなければいけないと思っています。
プロフィール

眼鏡兼相談員

Author:眼鏡兼相談員
通所介護の相談員と介護支援専門員を兼務しています。
若い頃は、バイクにのめり込んでいました。
今は息子にのめり込んでいます。

介護の仕事での、皆さまの失敗談を集めています。宜しければ、匿名で構いませんので、下の掲示板に書き込みくだされば嬉しいです。
職種も一緒に書いてくだされば、なお嬉しいです。

FC2掲示板
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。